投稿者「cf@choose」のアーカイブ

自然派フードの決定版!アランズナチュラルキャットフード

レティシアンキャットフードの種類と選び方、今回は、自然素材にこだわったキャットフードをお探しのオーナー様にぴったりのキャットフードをご紹介します。

 

それが、
自然派フードの決定版!「アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキー」です。

アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキーは、野生の猫が自然の中で食べていたナチュラルな食事をできる限り忠実に再現する」という考えから、フード生産時に人工添加物は、一切使用せず、高品質な自然素材だけで作られた、安心・安全なレシピです。自然素材のみで栄養が補えます。



アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキーおすすめポイント!

原材料は厳選された10種類の自然素材のみ!

アランズナチュラルキャットフードに使用されている原材料は、わずか10種類。
本来、猫に必要な栄養素だけを厳選し、バランスよく配合しました。これだけで栄養は足りるの?と思われるオーナー様もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心下さい!動物性原材料として旨味あふれる良質なチキンとターキーをふんだんに使用しています。
ネコちゃんに不要なものは、とことんそぎ落とし、真に必要なものだけを厳選した結果、このようなシンプルなレシピに至りました。
ネコちゃんに必要なすべての栄養素を満たすように配合しているので、アランズだけで理想的な食生活を送ることができます。

 

グレインフリー・香料・着色料不使用!

猫は本来、肉食動物であるため、穀物の消化が得意ではありません。そこでアランズナチュラルキャットフードは、愛猫の健康を第一に考えて穀物を使用しない「グレインフリー」を採用しています。また、チキンとターキーをたっぷり使用しているので、「香料」や「着色料」も不使用です。

 

安心・安全なレシピです!

アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキーは、イギリス産です。イギリスでは、ペットフードは人間の食事と同等と考えられ、厳しい法規制も行われています。アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキーは、そんなペット先進国イギリスにあるFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しいガイドラインを遵守した信頼のおける工場で生産されています。安心・安全なレシピです。

 

人工添加物が入っていない、安心で安全な自然素材にこだわったナチュラルなキャットフードをお探しでしたら「アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキー」がおすすめです。

公式サイトはこちらから↓

自然素材にこだわった『アランズナチュラルキャットフード チキン&ターキー』

間違いのないキャットフードの選び方

レティシアンキャットフードの種類と選び方!

キャットフード選びに迷っていませんか?
間違いのないキャットフードを選ぶなら、獣医師やユーザーから高い評価を得ている商品がおすすめです。そんな、選んで間違いのないキャットフードを、レティシアンキャットフードの中からご紹介します。それが、多くの獣医師から高い評価を得ている「カナガンキャットフード チキン」と「カナガンキャットフード サーモン」です。

 

カナガンキャットフードは、イギリス産高級グレインフリーキャットフードとして、世界中の愛猫家から絶賛されています。



カナガンキャットフードは

・100%の獣医師が良い栄養バランスを実現していると回答。
※カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「当製品は、猫にとって良い栄養バランスを実現していると思いますか?」と聞いた結果。2021年8月ベッツアイ調べ。

・92%の獣医師が嗜好性が高いと回答。
※カナガンキャットフード チキンを使用した獣医師114名を対象に「当製品は、原材料の60%以上もチキンを使用しており嗜好性が高いと思いますか?」と聞いた結果。2021年8月ベッツアイ調べ。

 

また、ユーザーアンケートでも

・85%が食いつきが良いと回答。
・92%が完食した、ほとんど食べたと回答。
・97%が愛猫の健康に役立ちそうと回答。
・89%が継続したいと回答。
など、高い評価を得ています。
※カナガンキャットフード チキンについてユーザー251名に対するアンケート。2021年8月~9月株式会社レティシアン調べ。

 

カナガンキャットフード チキン・サーモンは、ネコちゃんの健康を第一に考えたキャットフードです。喜んで食べてもらうために、原材料の60%以上がお肉・お魚の高タンパクなレシピを実現しました。

カナガンキャットフード チキンの主原料には、高品質な放し飼いチキンの新鮮な生肉と、高タンパクの乾燥チキンをブレンドしています。

カナガンキャットフード サーモンは、新鮮な生のサーモンやマス、乾燥ニシンや乾燥白身魚をたっぷりブレンドしています。

 

カナガンキャットフードに使われるチキン生肉や生サーモンは、ヒューマングレードの食品工場で加工された、人間が食べられるほど新鮮で上質なものを厳選。愛猫が喜ぶとびきりの美味しさを叶えました。

 

カナガンキャットフード(チキン・サーモン)の粒は、子猫やシニア猫でも食べやすい小さめサイズを採用していますので、お口の小さなネコちゃんや噛む力の弱いネコちゃんでも噛み砕きやすく、愛猫の食が進むことうけあいです。固すぎずサクサクとした食感も楽しめる固さです。

 

カナガンキャットフードは、体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)です。
穀物の代わりに、上質な食物繊維源であるサツマイモやジャガイモを配合しています。
体にやさしく美味しいレシピを目指しました。

 

愛猫の健康が気になる…、愛猫の美容が気になるオーナーさまに!抜群の美味しさを実現した「カナガンキャットフード」をぜひお試しください。

 

定期コースは、最大「20%OFF」!

詳細は公式サイトをご覧下さい↓

『カナガンキャットフード チキン』『カナガンキャットフード サーモン』

ペットフードに使用される添加物の役割と安全性

ペットフードに使用される添加物の役割と安全性について、レティシアンのコラムより一部抜粋してご紹介します。

添加物とは、保存料・着色料・甘味料などフードの加工・保存の目的で使用されるものです。
添加物と聞くと、体に良くない、人工的な色の濃い食べ物などの悪いイメージを持つ方が多いとおもいますが、ペットフードにも機能性と安全性を兼ねた下記のような添加物が広く使われています。

・人工的に合成されたもの
・天然由来のもの
・体に害があるもの、全くないもの
・法律で基準値が定められているもの、定められていないもの

ペットフードの添加物には、様々な種類や役割があります。

その大きな役割は

・品質保持のための添加物…酸化防止剤、保存料など。
・外観や味をよくするための添加物…着色料、発色剤、甘味料、増粘安定剤など。
・栄養バランスを整えるための添加物…栄養添加物など。

添加物は安全性なの?

ペットフードに使用される一部の添加物は、2009年6月に「ペットフード安全法」が施行されてから、安全性と使用実績を考慮して「この量以下でないとフードを製造・販売してはいけません」という基準値が定められました。

ある条件下で発がん性があることから、酸化防止剤であるエトキシキン・BHA・BHT、発色剤である亜硝酸ナトリウム、合わせて4種類がその対象になっています。
その他の添加物に関しては、各企業が様々な基準値を参考に安全性を確認しています。

確認すべき添加物

ペットフード安全法によって特に危険な酸化防止剤や発色剤は管理されていますが、他にも確認すべき添加物は存在します。
例えば、「キシリトール」は、いまだに国産の犬用ガムやデンタルケアグッズに含まれていることがあります。キシリトールは、微量でも重篤な状態になったり、大量摂取しても全く症状が出ず平気であったり、個体差の激しい成分です。どのくらい摂取しても大丈夫かという目安の値は存在しますが、許容値は個体差がありますので、できるだけ避けたほうが安全です。

また、人と同じように、原材料として添加物の表示も義務化されました。
添加物を酸化防止剤、保存料、着色料、甘味料、発色剤、増粘安定剤の目的で使用する場合は、何のために使われているのかが購入者に伝わるように、その用途名も一緒に記載することになっています。
添加物を確認したい場合、まずは、原材料欄をチェックしてみましょう。

添加物と聞くと悪いイメージを持ってしまいがちですが、天然由来であったり、研究で安全と証明されているものであったり、種類と量を間違えなければ問題ありません。
最近は、無添加、天然由来の添加物のみ、栄養添加物のみといったフードやおやつも多く販売されているため、そちらを選ぶと便利かつ安全です。

レティシアンのペットフードは、原材料を全て表示しています。安心、安全です。ネコちゃん、ワンちゃんに安心して与えてください。愛犬・愛猫の健康を守るフードやおやつを選んであげましょう。